冷却設備改修工事

株式会社辻野 船橋物流センター 様

  株式会社辻野様概要
創 立 1906年(設立:1954年)

所在地

本 店

物流センター

 

千葉県銚子市川口町2-6528-36

千葉県船橋市浜町3-2-1

設備用途 冷凍倉庫
保管能力 16,917屯
導入機器 水冷式スクリュー冷凍機 12台(冷媒R-404A)
冷却器                           24台
冷却塔                             4台
工 期 平成25年3月着工 25年7月完成

 新規冷凍機 

新規冷却塔

 

冷凍監視システム

 

事務所に掲示されています

  辻野様は1906年(明治39年)に創立された歴史ある総合水産会社です。銚子港で水揚げされる魚を中心とした水産加工品の製造販売をはじめ、貿易事業、低温物流事業を展開されています。
 低温物流事業では、全国の主要港付近にある5か所の物流センターで、それぞれお客様のニーズにあわせた港湾型・産地型・物流型のサービスを提供されています。また、顧客の商品在庫情報をインターネット経由で提供する「辻野物流Webサービス」なども行っていらっしゃいます。
 辻野様ホームページ
http://www.tsujino.co.jp/

 

お客様の声

所長 小沼 透 様

 船橋物流センターは、1980年(昭和55年)に竣工しました。今回の冷却設備更新は、経年により冷凍機部品の供給中止や故障のリスクが高まる中、設備の安定稼働を目指すことが狙いですが、中でも、使用冷媒R-22の2020年全廃を見据え、今後、冷蔵倉庫を継続運営していく上で避けて通れない入替工事の実施を決めました。

 辻野グループ全国5ヵ所の冷蔵倉庫の内、先ずは、船橋物流センターから実施することになり、数社に提案を依頼しましたが、工事内容、ランニングコスト計画などの提案を評価し、ニチレイロジエンジさんにお願いすることにしました。

 ニチレイロジエンジさんは、以前から冷却設備のメンテナンスをして頂いている関係で、設備を熟知していることもありますが、設備の技術面や管理面での課題をより明確にし、その対策を提案されたことが決め手でした。

 冷蔵庫を運用しながらの難しい工事でしたが、工事監督さんとの良好なコミュニケーションにより、計画通りに進みました。 設備の故障や温度維持管理の心配もなくなり、安心して運営できるようになりました。

  

 

ページの先頭へ お客様の声の一覧へ