冷凍設備設計/施工

100万屯超の施工実績を持つ、ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングが、アンモニア自然冷媒(NH3)をはじめ、お客様の要望に合った冷凍冷蔵倉庫を設計・施工致します。

 

 

 大型物流センター

1棟8万屯級の大型倉庫の施工実績あり。
高効率冷凍システムによる省エネ対応も行っております。

(画像をクリックすると拡大します。)

冷凍機械室と冷却器を背中合わせに配置し、アンモニア漏洩リスクの減少及び、冷媒保有量の低減を図りました。

 

 

 

 低温配送センター

さまざまな施工実績からバース稼働率や集積商品の負荷に応じ、冷凍冷蔵設備の設計を行います。

(画像をクリックすると拡大します。)

 

 

 

 加工室

(画像をクリックすると拡大します。)

 

 

 

 凍結室

(画像をクリックすると拡大します。)
   

 

 

 

 製氷設備

(画像をクリックすると拡大します。)

角氷設備


プレート式自動製氷設備

 

 

 

プレハブ冷蔵庫

(画像をクリックすると拡大します。)

 

中央監視

冷凍冷蔵倉庫・物流センター内に点在する冷却設備を一元管理し、保守管理の手助けとなる『中央監視システム』。
当社は運用と施工の両面から培った技術で、お客様施設の最適なシステムを提案いたします。

 

 

中央監視

主な機能
各種制御対象機器への設定・モニタ・制御機能
 冷凍機の運転状態や室温の一元管理・見える化を行います。
アラーム監視・通知機能
 アラーム発生時に、担当者の携帯・PCへ異常内容のメール通知が可能です。
トレンド機能
 温度、冷凍機の圧力・電流などのトレンドグラフを表示します。
スケジュール運転機能
 日付・時間帯に応じて、設定温度の値を変更することができます。
日報機能
 冷凍設備の運転日報、温度履歴日報を自動印刷します。
リモート監視機能
 社内LAN上の任意のパソコンから、監視パソコンの画面を表示することができます。

 

 

 

データ収集

ますます高まる温度管理への要求に応える温度データの収集。
一定時間ごとに温度を記録して自動的に保存させるとともに、帳票の出力も可能です。
また、機器の運転時間や電力量の記録管理を行うことで、ムダな電力消費の見直しにも役立ちます。

(画像をクリックすると拡大します。)

     この他
     ・異常履歴画面
     ・システム設定画面
     などの画面がございます。 

 

ηMAX(高効率冷凍システム)

イータマックス冷凍システム(ηmax Refrigeration System:[emRS])を採用することにより
省エネ推進・高品質な保管環境提を実現します。

  

 

 

 

特徴

 1. かつてない省エネ効果
高圧(凝縮温度)の抑制と冷媒送液の均一技術により、
消費電力の削減と冷凍能力向上が同時実現します。

2. 霜付、乾燥を抑制
TD(空気温度と冷媒温度の差)を最小限にする事で霜の発生を抑えます。
デフロスト回数が減少すると共に、商品の冷凍やけ防止が可能になります。

 

3. 高効率冷凍システム
ηMAX(高効率冷凍システム)では小さい温度差運転を実現したことで、
-60度以下の温度帯を一般的な二段圧縮冷凍機で稼働することを可能にしました。

 

外気導入システム

外気導入システムは、冷却・清浄化した外気を低温室に送り込みます。
これにより低温室を外より高い気圧にし、隙間から排気ガスや粉塵・湿気の侵入を防ぎます。
ニチレイロジグループの新設センターでは、品質保持のため標準装備しております。

通常冷却により低温室の気圧が低い状態 外気導入により低温室の気圧が高い状態

外気導入システムは、商品と作業環境の品質保持に貢献します。

 

 

 

メリット

1.熱の侵入を防ぐ
低温室の温度管理、商品の溶解事故防止に役立ちます。
2.湿気の侵入を防ぐ
結露による商品濡れ防止、スリップ事故防止に役立ちます。
3.粉塵の侵入を防ぐ
商品汚染や作業場の空気汚染を防ぎます。

 

 

 

施工写真

ブライン式室外機・冷却設備

ブライン式室外機

空冷式室外機・冷却設備・集塵フィルター

荷捌室内 吹出口

屋内設置冷却設備-1

屋内設置冷却設備-2

 

 

 

導入例

1. 新設冷蔵庫に設置する場合

冷却器がほぼ半減するので配管工事が少なくなり 工期短縮が可能になります。

2. 既存設備に設置する場合

・低温荷捌室の温度をさらに下げる事が出来ます。
・既存設備の消費電力が減少します。

 

ページの先頭へ