シェルター改修工事【観音開き式防熱扉交換工事】

株式会社シャトレーゼ様

株式会社シャトレーゼ様概要
創 業 1955年12月20日
資本金 50,000千円
所在地

山梨県甲府市下曽根町3441-1(本社)
山梨県3工場,北海道・福岡県各1工場

設備用途 和洋菓子製造、冷蔵冷凍保管
導入機器

観音開き式防熱扉 15面
W2,000×H2,100 t100 面材SUS

工 期 平成24年7月着工 24年8月完成

施工前の上下開放式防熱扉(荷捌室-10℃)

施工後の観音開き式防熱扉

 株式会社シャトレーゼ様は和洋スイーツの製造及び販売を行っており、全国にFC店を約450店舗展開しています。
 自然の恵み豊かな山梨県ならではの、毎日届けられる八ヶ岳育ちの牛の牛乳や契約農家の生みたて卵、そして白州の水をはじめ、全国の契約農家で栽培されるいちごや特別栽培の小豆にいたるまで、素材と製法へのこだわったスイーツで、多くのシャトレーゼファンの支持を得ています。
 南アルプスの麓の大自然に囲まれた白州工場では工場見学もおこなっており、アイスクリームの試食もあるそうで す。是非インターネットよりご予約の上、お立ち寄りください。

 

ドックシェルターの扉を観音開き式防熱扉に交換

  ●お客様のお悩み

 

■安全性
扉を吊っているワイヤーが切れて、突然防熱扉が落下し危険
■気密性
密閉性が悪く、荷捌室温度維持が難しい(荷捌室-10℃維持)
■保全性
設備が複雑で故障し易い(故障時は設置業者以外は修理ができない)

 

観音開き式に変更することにより、お客様のお悩みを解決しました!

■安全性確保
扉の落下無し、手動式のため挟まれの危険が少ない
■密閉性向上
上下の動きが無い為、シール面が扉としっかりと密着する
■保全がし易い
手動式で複雑な仕組みが無いため、故障が少ない

 

 

お客様の声

物流部 ロジスティクスエンジニアリング課
課長 三森 淳 様

 当社は菓子製造を営む食品メーカーとして大規模な物流センターも保有していますが、菓子製造業としての長年のノウハウはあるものの物流センターの運営経験が浅いことが課題でした。
 今回、防熱扉の改修計画をニチレイロジエンジさんに相談したところ、安全性や気密性などの改善のため、既設の上下開閉式とは全く違う観音開き式防熱扉の提案をいただき、採用することにしました。
 効果は一目瞭然であり、安心して使用できる構造であると共に、センター内の温度が安定し、電気使用量の削減にもつながりました。
 ニチレイロジエンジさんの強みは、自社物流センターでの運営ノウハウをユーザーに提供して頂けるところだと感じています。
 今後も当社のみならずお客様に喜ばれる事業展開することを期待すると共に、当社もニチレイロジエンジさんと一緒に改善を進めて行きたいと思います。

 

 

ページの先頭へ お客様の声の一覧へ